2017.06.13 日本の初夏にはこれでしょう

毎年この季節といえば、みなさんの8割ぐらいが当たり前のようにやっていることってありますよね。

そうです。自家製梅酒を作ることです!

8割はちょっと言いすぎだったかもしれませんが、私は毎年楽しみにしています。
果実酒は全般好きですが、特に梅のさわやかな風味といったら最高ですね。
残念ながら今作り始めたものを夏の間に飲むことはできませんが、年越しぐらいの時期になると飲めるようになるので、寒い冬の日、お湯割りなんかもいいですね。

というわけでさっそくこれです。

ベースは本当はブランデーが好きですが、
今年はお財布との長時間の会合の末、ホワイトリカーという結論になりました(汗)。

お湯で消毒したビンに、ヘタを一つ一つ丁寧にとった梅を入れれば、あとは氷砂糖とホワイトリカーを入れます。

あ。。早く飲みたい。が、今飲んでも何の味もしないので。
最低半年程つけて置かないといけません。

そこで、去年作ったやつを飲みます(あったのかよ)。

オンザロックでお気に入りのグラスに注いだら、それをすすりながら新しいアプリケーションのデータモデルを設計している時間って至福ですね(どんだけ仕事好きなんだ)。

みなさんもぜひお試しください。

この記事を書いた人

ジョ ライアン
ジョ ライアンインフラ部 部門長
韓国生まれ オーストラリア育ち 1979年生まれ
オーストラリアの大学を卒業した後、来日。長年大手金融とインターネットサービス企業を中心にテクニカルサポートとインフラ構築に携わる。近年は主にシステムアーキテクトとして活動中。BIと自動化が大好きで、自宅の家計簿をBIで分析し自己満足に浸っている。詳しくはこちら