2017.08.01 最近話題の・・・(続)

前回の続きです。

△1八歩!
これが藤井四段の読み筋です。
以下進行は、▲同香△1七歩▲同香△1六歩▲同香△2五桂▲同銀△1七金▲2九玉

先手もかなり危なくなってきました。
しかし、先手玉を捕まえるためには
あと1枚駒が足りません。

次の一手が後手の決め手となります。
考えてみてください。













△5一玉!

ここで銀を取り行くのが決め手となります。

プロはやはり凄いです。
△1五歩を指したあと、落ち着いてお茶を飲んでいたので
△5一玉の決め手から勝ちを読み切っていたかと思います。

※△1五歩から△5一玉まで20手かかります

以下、先手も粘りますが藤井四段が確実に寄せきった将棋となりました。

この記事を書いた人

T.J
1992年生まれ 福岡県出身
情報系専門学校卒業後、webシステム開発に携わる。その後、2016年3月にライジングサン企画に入社。趣味は将棋、ゲーム。