2017.10.05 Xcodeで作ったiosアプリをSimulatorで動作確認する方法

iphoneの地図アプリ作りをずっと放置していたので、また再開することにしました。デザインとか後回しで、とりあえず動くアプリを完成させたいと思います。。

小学生の子供用のアプリで、都道府県の場所や情報を楽しく学べるアプリを目指します。

*ずっと放置していたのでまずXcodeをアップデート(ver8.3.3)

*macのOS バージョンは10.12.6

 

30分くらいかかるので PCを使わない時に済ませておきましょう。

無事にアップデートできたらプロジェクトの選択

”Naniken” というのが地図アプリです。

久々なのでアプリがどんな動きをするかチェック。

XcodeはSimulatorという機能がついていて、iPhoneやiPadがなくてもアプリの動作を再現できるんです。赤枠部分をクリック

iPhone7を選び再生をクリック。

するとmac上にiPhone7の画面が出てきます。

Nanikenアプリクリック

動作確認できました。

次は手持ちの端末にアプリをインストールする方法を紹介します。。

この記事を書いた人

深尾 美智子東京開発チーム
東京都出身 1983年生まれ
前職はカフェ店員 全くのIT初心者。独学と研修でITの勉強を10ヶ月行う。
2016年12月ライジングサン企画に入社。
趣味はLINEスタンプ作り、iPhoneアプリ作り、ハワイアンキルト、映画観賞