2017.10.31 やることリストに新たな刺客!

こんにちは。ライジングサン企画のC・Rです。

少し前からPreview状態で利用可能だった「Microsoft To-do」が、Preview状態が終わりもうすぐOffice365ユーザー向けライセンスがを割り当てられるようになるという知らせが来ました。

一応存在自体は知っていましたが、直接触ったことはなかったのでこれをきっかけに使ってみました。

ちなみにこれを開発したチームは元Wunderlistの開発チームとのこと。

私も数年前からTo-do(やることリスト)系のアプリはいくつか使ってみました。
・Outlookのタスク
・Toodledo
・Trello
等等。

でも最終的には手帳にペンで書いて管理することに行きついてしまっています(笑)。

さて、Microsoft To-doはどんなものか。。
アクセスしてみました。

https://todo.microsoft.com/?app

なんか、メニューとかボタンとかがほとんどない。

かなりシンプルなデザインですね。

タスクの追加とリストの追加、リマインダーの設定等をしてみました。

まあ普通に動きます(当然ですが)。

なんか寂しすぎる気もします。やはりやることリストはシンプルな方が永く使うかもしれませんね。

肝心なOutlookタスクとの同期ですが、今は一部の個人アドレス用ドメインだけに対応しているみたいです(Outlook.com等)。これがないとまあ、Office365に入れ込む意味があまりないので、そのうちExchange Onlineの会社メールとも同期できるようになるでしょう。

OutlookクライアントはOS問わず重くなりがちなので、やることリストを使うためにOutlookを立ち上げるよりは、こういう軽いアプリが別途あった方が使いやすいですからね。

私の個人メール(hotmail.com)ではしっかり同期できていました。

みなさんもご興味あれば、試してみてください!

この記事を書いた人

C・R
C・R
韓国生まれ オーストラリア育ち 1979年生まれ
オーストラリアの大学を卒業した後、来日。長年大手金融とインターネットサービス企業を中心にテクニカルサポートとインフラ構築に携わる。近年は主にシステムアーキテクトとして活動中。BIと自動化が大好きで、自宅の家計簿をBIで分析し自己満足に浸っている。