2018.02.22 LPIC資格に関して(Level2)

ブログをご覧いただきありがとうございます。
東京インフラチームU・Jです。

前回のLevel1に続いて、Level2(201、202)LPIC合格のための対策ポイント、
勉強法を記述します。

科目:Level2 (201、202)
勉強期間:約1ヶ月 (どちらも)
教材:Linux教科書 LPICレベル2 Version4.5対応(翔泳社)(通称:小豆本)
   Ping-t(学習サイト)(有料サイト)
   Linux教科書 LPICレベル2 スピードマスター問題集 Version4.5対応(通称:スピマス)
勉強時間:毎日1時間、休みの日は2時間、通勤の30分

今回はLevel2ということもあり、前回よりも「通勤の30分」と
使用教材「スピマス」を加えてます。
結果として、成功したと思います。

前提として、201を受け、合格したら202を受けます。
その中での勉強法として以下の通り実施してみました。

①小豆本を一通り読む。
 →やはり最初読んだだけではいまいちわかりませんが、それでOKです。
 
②Ping-tにて、”章ごと”に問題を解いていく。
 →今回もポイントは章ごとです。章ごとにすることによって
  2週間程度で、オール銀まで持っていけると思います

③スピマスを使用し問題を解いてみる。
 →銀になっているぐらいだと何となく問題が解ける気がします。
  
③またPing-tに戻り、ひたすら問題を解いて金が80%をこえたら、
 模擬試験を実施してみる。だいたい1週間ぐらいあれば
 金が80%ぐらいになるのではないでしょうか。

④残りの1週間は、Ping-tとスピマスを再度実施し駄目押しましょう。

個人差はあるかと思いますが、上記のようにやっていけば
合格ラインには届くと思います。

次回予告
Level3 (304)について

この記事を書いた人

U.J
U.Jインフラ部(東京)
大学卒業後、ヘルプデスクによるITの仕事を開始。ケーブルテレビインターネット事業の提供・運用・保守を担当。現在、通信業界のネットワーク設計・構築部門を担当。詳しくはこちら