2018.03.01 LPIC資格に関して(Level3)

ブログをご覧いただきありがとうございます。
東京インフラチームU・Jです。

前回のLevel2に続いて、Level3(304)LPIC合格のための対策ポイント、勉強法を記述します。

科目:Level3 (304)
勉強期間:約1.5週間
教材:徹底攻略 LPIC Level3 304 教科書+問題集[Version 2.0]対応(通称:黒本)
勉強時間:毎日1時間、休みの日は2時間、通勤の30分

今回の304試験に限ってですが、教材が黒本以外にありません。
Ping-tにもないので、本のみで勉強していきます。

更に、勉強期間が今までの半分になっているのは2つの訳があります。
①「LinuC(リナック)」という新しい試験が3月から始まるらしいので
 今の試験の問題改定が起こるのを懸念した。
②正直、合格だけして時間はほかのことに利用したかった。

黒本を見てびっくりしたことは、まず薄いこと。
今まで見てきた教本の半分ぐらいです。
試験の価格がLevel3からは3万円以上もするので、
この本だけでは不安になるとは思いますが、
終わった感想から言えば、この本だけで
十分すぎました。

学習の方法としては、

①小豆本を一通り読む。
 →やはり最初読んだだけではいまいちわかりませんが、それでOKです。
 
②最後の総合問題Part1とPart2を問題と答えを「暗記できるぐらい」解きまくる。
 →気合で頑張ります。3日ぐらいでコマンド問題も含め全部正解にできるとは思い
ます。

③各章の最後にあるミニ問題をやはり「暗記できるぐらい」解きまくる。
 →こちらも3日ぐらいですべて正解できると思います。

④残りの3日間は総合問題と章末のミニ問題を解きまくる。

なかなか大変だとは思いますが、Level2まで取れている人ならば
容易だとは思います。

最終的に

101:550点
102:590点
201:640点
202:600点
304:740点

という結果ではありました。
気が向いたら4年後に更新はします。

あとあと気が付いたのですが、LPICもっているとLinuCが
自動認定されました。

それでは、皆様のご検討をお祈りします。

この記事を書いた人

U.J
U.Jインフラ部(東京)
大学卒業後、ヘルプデスクによるITの仕事を開始。ケーブルテレビインターネット事業の提供・運用・保守を担当。現在、通信業界のネットワーク設計・構築部門を担当。詳しくはこちら