2018.03.29 派遣元責任者講習受講

こんにちは。
東京営業・採用担当の武下です。

弊社のブログにお越し頂き、ありがとうございます。

当社SES・派遣事業の今後の拡大にむけて準備すべく、
先日、「派遣元責任者講習」の受講を受けに行き、認定証明書も無事取得することができました。

派遣事業の意義・法令・運用・規程など多くを学べたとても有効な時間でした。
その中から一つ、派遣事業の意義についてご紹介したいと思います。

派遣の仕事というとどちらかというと雇用の需給調整機能、要員人数の数合わせのイメージが強いようですが、実はそれだけでなく、派遣事業の許可基準に“キャリア形成の支援”というテーマもあります。

技術者のキャリア形成を見越した常駐先選択については、SES契約と派遣契約も
同じような意義があるように思います。

2015年11月の東京支社開設依頼、SES契約・派遣契約を通じて技術者の希望の案件及びキャリア形成目的での案件先選択を行ってきましたが、実際に殆どの技術者がキャリアを伸ばし契約単価が上がってきたのをみてきました。

またそのモデルとなった技術者も求人媒体にも掲載されることにもなっています。

若い20代でも、中堅30代でも、まだまだこれから40代50代からでも このSES事業・派遣事業を通じてキャリア形成ができることを実感として感じています。

この意義を大切にして、 これからも技術者とともに成長を図ってまいりたいと思います。

法令・運用・規程については、また次回のブログにて。

この記事を書いた人

武下 章次
武下 章次営業部(東京) リーダー・採用担当
兵庫県出身 1968年生まれ
大手人材系で23年間求人広告・人材紹介に携わり、主に中小企業の採用支援を行う。2015年にライジングサン企画へ入社。休日は家族との時間も大切にしながら、趣味で少年野球のコーチやランニングも行うスポーツマン。詳しくはこちら